2016年09月23日

ノートパソコンのカスタマイズ!

最近、「今まで使っていたノートパソコン調子悪いので、適当に見つくろってくれ」
というご要望があり、いろいろと検討した結果以下のように見繕ってみました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1【ノートパソコン本体】
こちらは最新の秋モデルよりもすこし前のほうがスペック(性能・仕様)がほぼ同じで安いので春モデルを選択しました。使用者はワープロに使うことでしたので、なるべくキーボードが打ち心地のいいものを、と思って、近くのお店で各社のノートパソコンのキーボードを確認しましたところ、やはり、NECが一番"指ごたえ"がよかったので、これにしました。と言っても本格的なキーボードに比べればどの会社のノートパソコンのキーボードもどんぐりの背比べであまり変わりないのですが。

LAVIE Note Standard NS750/DAW [クリスタルホワイト] 2016年春モデル

≪特徴≫
液晶サイズ:15.6インチフルHD (1920x1080)10点タッチ画面
CPU:Core i7 6500U(Skylake)/2.5GHz/2コア
HDD:SSHD(HDD+NAND型フラッシュメモリ)1000GB
メモリ容量:8GB
OS:Windows 10 Home 64bit
付属ソフト:Microsoft Office Home and Business Premium付き
光学ドライブ:ブルーレイ対応

≪価格≫
[クリスタルホワイト] は価格コムにて129,000円ほど。
※もちろん、ある方法で、それより1.3万円ほど安く仕入れましたが。
http://kakaku.com/item/K0000845288/

2【SSD 525GB】
上記のモデルのハードディスクはSSHD(フラッシュメモリの働きで動きが多少早くなる)だとはいえ、SSDの速さには負けるので、SSDに取り換えることにしました。

MX300 CT525MX300SSD1
http://kakaku.com/item/K0000897081/

≪特徴≫
容量:525GB
規格サイズ:2.5インチ
インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s
ディスククローンコピーソフト使用パスワード付き

≪価格≫
価格コムにて13,500円ほど

3【外付けハードディスクケース】
ハードディスクをSSDに交換するともともとあったディスクが余るので、外付けのバックアップ用ハードデイスクにするための箱です。転送速度を早くするためにUSB3.0対応は必須。

3ステップケース ガチャポンパッ! MINI3.0 OWL-EGP25U3V3-BK
http://kakaku.com/item/K0000846003/

≪価格≫
1,500円くらい

4【ブルーライト低減液晶保護シート+キーボードカバー 】

≪価格≫
2,500円くらいのもの

以上の4点を購入し、ささっとセットアップしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.まずパソコンを立ち上げてWindows10の最新バージョン「アニバーサリーアップデート」をして最新版にする。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12387/windows-10-update-history?ocid=update_setting_client

2.セキュリティーソフト「ESET」をインストールする。
http://www.eset-smart-security.jp/

3.その他のいろいろなソフトをインストールしたり調整したりする。

・オフィスのワードやエクセルのインストール、アクティブ化
・メールソフト Windows Essentials の Windows Live mailをインスト―ル。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17779
・iTunseのインストール。
・Windows10のMicrosoft Edgeはいろいろと使いにくいので、IEを既定のウェブ閲覧ソフトに設定。また、IEの文字をメイリオに設定。

4.不要なソフトをアンインストールする。

5.動作を早めるためにスタートアップのプログラムで不要なものを「無効」にする。

6.画面を見やすくするために、文字とアイコンのサイズを大きくする。

7.電源ボタンを押したときと画面を畳んだ時にスリープではなくシャットダウンする設定にする。

8.スピーカーの音の質を最高の質の「24ビット、192000Hz(スタジオの音質)」にする。

9.細かな調整。ディスクトップを整理したり、壁紙用の写真をいれたりなど。

このころまでに、後から注文していたSSDと液晶保護シートが届きましたのでそれらをセットアップします。

9.液晶保護シートを貼る。

10.内蔵ハードディスクをSSDにクローンコピーする。
  ↓
まず、SSDを外付けハードディスクケースに取り付けUSBでパソコンにつなげます。そしてSSDをクイックフォーマットしておきます。
  ↓
それからSSDに付属のアドレスからAcronis True Imageをインスト―ルします。次いでSSDに付属のパスワードを使用し、アクティブ化します。
使い方:http://www.pc-master.jp/backup/acronis.html
このソフトの「クローン」を利用し、パソコンの中のハードディスクの内容をそっくりそのままSSDにコピーします。

11.内蔵ハードディスクをSSDに取り換える。

NECのパソコンはハードディスクの取り換えが難しい機種もあるようで、裏だけでなく表のキーボード部分も外さないといけないものもあるようですが、こちらの機種は裏を開けるとすぐハードディスクが見え、あっけなく取り換えが完了しました。どうりでネット探しても簡単すぎて情報が出てないわけです。

裏ぶたを開けたところ。左にハードデイスクが、右にメモリが見えます。
IMG_7644.jpg

2.5インチハードデイスク。いくつかねじを外せば取り外せます。
IMG_7646.jpg

こちらはメモリ。8ギガのメモリが一枚入っているので、1スロットの空きがあります。
IMG_7645.jpg

こちらのハードディスクをSSDに取り換えました。
IMG_7647b.jpg

12.無事に起動するか確認。

13.SSDの高速化をする。
このSSDの管理ソフトをインストールして、Storage ExecutiveのMomentum Cache機能を有効にします。これでただでさえ早いSSDがさらに10倍くらい早くなるという評判。
http://www.crucial.jp/jpn/ja/storage-ssd-mx300

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

だいたい以上のことをしましたら、この価格帯の市販品にはまずない、とても素早く動くパソコンが出来上がりました。
!(^^)!


posted by ピーコロ at 23:52| 千葉 ☁| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

山梨北杜あたりの写真

暑い日が続いていましたが、雨の日が多くなりすこし涼しいこの頃です。

暑いときにiPhoneの音声シリ子に、暑いよ〜(~_~;;)といったらどうなるか実験してみましたのが↓↓↓です。
IMG_7465a.jpg

二回目↓↓↓
IMG_7465b.jpg
二回目はまあごく普通の反応でした(^.^)

さて、最近、山梨県の北斗のあたりの写真がメール投稿されてきましたので、ご紹介しましょう(^^♪

たわわに実るヤマボウシの実
IMG_0410s.jpg
甘くておいしいのです。

こちらは臭木。葉っぱや茎を煎じて飲むとお薬になるのだとか。
IMG_0408.jpg
http://www.weblio.jp/content/%E8%87%AD%E6%9C%A8

カヤの木
IMG_0494.jpg

カヤの実はアーモンドみたいで食べられるそうで。
IMG_0494s.jpg
http://kayanoki800.web.fc2.com/kayanomi.html

コミスジチョウ
IMG_0372s.jpg

お花
IMG_0436s.jpg

お花
IMG_0433s.jpg

お米
IMG_0497.jpg

雄大な風景
IMG_0470.jpg
posted by ピーコロ at 13:49| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする